2016年6月24日金曜日

デスクナイフ 11

昨日は失礼しました。
何か…ちょっとお酒を飲み過ぎた様で(家呑みですが)…、早々にバタンキュ〜となってしまいました。

さて、今日もか細いナイフネタから…。
デスクナイフの続きです。

前回、おおまかに…ですが左右対称になるように切り出し&成形を行いました。
が、まだ完全な?シンメトリーにはなっていないので、改めて成形を行います。

完全な?シンメトリーにするには、2枚を貼り合わせて一緒に成形。そして2枚を剥離すれば良いのですが…。
金属だったら瞬間接着剤で貼り合わせて…ってできますが、さすがに木では…剥がす時に割れてしまう可能性があります。
ので、思いついたのがコチラ(前にも紹介したと思いますが…)。

先ずは2枚を合わせた状態で、クランプで固定します。
今回は材料が木なので、改めて万力に固定せず、このまま削っていきます。

デスクナイフ59

では、続きは下をポチッとな!。



続きです。

削れる所は削って…でも、クランプで固定している所は削れないので…

デスクナイフ60

削り終わった方を、もう1つのクランプで固定します。

デスクナイフ61

で、最初のクランプを外せば…あ〜ら不思議…、合わせた材料が全くズレずに、材料の反対側を削る事ができるようになりました。

デスクナイフ62

反対側もこんな感じで成形していきます。
変なやり方?ですが、材料へのダメージも無く、クランプが2つあれば手軽にできる方法なので、良かったらお試し下さい。

デスクナイフ63

そうそう、せっかくなので、この方法に名前でも付けておきましょうか…。
まぁ仮称ですが「箸渡し方式」という事にしておきます。

ではでは、今日はこんなところで。

0 件のコメント:

コメントを投稿