2018年2月4日日曜日

コンテストナイフ29 の29

さて、前回(昨日)脱線したので、また戻りますね。

前々回(コンテストナイフの28)で紹介した段階で、一応、ナイフ本体の「整形」が終わりました。
前にも書いたと思いますが、私の使う「整形」と「成形」は意味合いを変えてます。
「成形」はザックリな形を削り出す作業。
「整形」は、読んで字のごとく?、形を整える削りです。
で、前回「整形」も終わり、あとは磨きに入るだけになりましたが、ここで調子に乗って磨きをかけてしまうと、ケースを作る時に傷が入ってしまう可能性があります。
普通の?革ケースを作る時はあまり気にしないですが、私の場合、革以外のものでケースを作りますから、傷が入る可能性があるので、整形が終わった段階でケース作りに入ります。

フゥ…、前置きが長くなってしまいました。
では、本題。の前にもう少し。
週に1〜2回の更新なので、今のペースで進むと…終わりが見えてこない?。まぁ少なくとも次のコンテストナイフに被るくらいのペースになりそうなので、一気に進めていきたいと思います。

なので、記事も写真も長くなりますが、お付き合いよろしくお願いします。

そういうわけで、いよいよ本題。
今回のケースも昨年同様、ケースは2つ作ります。
昨年みたいに、勢いで2つ作るのではなく、きちんと考えて2つ作りますよ。
1つはディスプレイ用。もう1つは実用に使えるケースです。
今回はディスプレイ用のケースの紹介です。

本当はデザインから紹介したいのですが、これも載せ始めるとキリがなくなるので…、省きます。一応、2つのケースをデザインするのに、スケッチブック1冊以上描き込んでますよ。

材料はアセテートという天然由来の樹脂を使います。
色はチョット茶色味ががった透明な素材です。厚みは6mmです。

型紙を作り、形を罫書き写してアセテートを切り抜きます。


では続きは下をポチッとな!。

2018年2月3日土曜日

脱線〜

コンテストナイフだけではつまらない??ので、近況をチョット!。

前回紹介したように、小物ナイフをボチボチと作っています。
前回の脱線記事はコチラ

前回、紹介した色鉛筆に乗せた小魚を紹介しましたが、これにケースを作りましたよ〜。
水にドボンのイメージです。


石器風ナイフで培った?技術を総動員??して作りました。
ネックレスで首から下げられるように、リングを端に2つ付けました。

 
では、続きは…ナイフと関係無い内容ですが、下をポチッとな!。

2018年1月28日日曜日

コンテストナイフ29 の28

お約束通り、今日も更新しますね〜。
前回、45度の削りをしましたが、今回は45度の下側を。
指かけ(ヒルト)の部分を45度に削っていきます。
削るのは毎度おなじみ?の鬼目ヤスリです。


では、今日もたくさん写真を使うので、続きは下をポチッとな!。

2018年1月27日土曜日

コンテストナイフ29 の27

先日、年が明けたと思ったら、もう間もなく1月お終わりそうですね…。
何か早く感じますねぇ〜。

さて、今回もコンテストナイフの続きです。
前回で側面を削って大まかな形を削り出しました。
まあ、こんな感じ。


上から見るとこんな感じです。


では、続きは下をポチッとな!。

2018年1月21日日曜日

コンテストナイフ29 の26

昨日約束した通り、今日も更新しますね〜。
ただ、このシリーズも随分長くなっているので、ぼちぼちと切りをつけないと…と思ってます。が、かなり苦労した今回の作品、ちゃんと紹介したい!という気持ちもあるので、まぁ、端折りながらも要点は押さえて紹介していきますね。

では、昨日の続きで。
外形(上下)の成形が終わったので、側面(左右)の成形に入ります。
が、ここでは左右対称にしなければならないので、罫書き線をたくさん引いておきます。
この段階で、罫書き線をたくさん引いておかないと、側面(左右)を削ってしまうと、基準面が無くなって、2度と同じラインが引けなくなってしまますからね。 
こういう「あたり」のラインが無いと左右対象に削ることが難しくなりますね。


では、続きは下をポチッとな!。

2018年1月20日土曜日

コンテストナイフ29 の25

またまた…というか、もうお馴染みの週刊更新です。
前回で柄材の接着が終わったので、柄の成形に入ります。
先ずはザクザクと気持ち良く!、ノコヤスリで削っていきますよ〜。
ノコヤスリ、木と同じく真鍮もザクザクと削ってくれます。
気持ちいですよ〜。


では、続きは下をポチッとな!。

2018年1月13日土曜日

コンテストナイフ29 の24

先週は失礼しました。
昨年末から引きずっていた風邪で少々体調不良&家の行事でバタバタ…&サボり癖の延長でおサボりしてしまいました。

さて、昨年からず〜〜〜っと引きずっている??コンテストナイフですが、まだまだ先あるので、今年ももう少し引きずらせて頂きます。

という訳で、前回の続きです。

前回、バットキャップ風の柄尻に芯金を入れました。
で、いよいよ柄材に穴を開けてナイフ本体とバットキャップ風の柄尻材を埋め込んでいきます。
まずは当たりを。
実際にモノを当てて穴あけの角度と深さを罫書きます。
まぁ…要は現物あわせですね〜。


では、続きは下をポチッとな!。